ヨガの八支則

 

ヨガというとアーサナを行っている姿を思い浮かべることでしょう。 

 

しかしヨガとは本来、自分の外側も内側も浄め、神と一体となっていくトータルな心と体と魂の修行のことです。

 

 健康法としてヨガに親しまれる人も増えてきたことはよいことですが、ただ体を元気にするアーサナだけをヨガと呼ぶわけではありません。

 

ヨガのアーサナは不自然な動きですから、体へのこだわりを作り人間性がアンバランスになります。

 

アーサナだけを学び、それができればよいということではないのです。

 

道徳的な学びとさらに内側の修行も一緒にしていくのが真のヨガなのです。

 

 

 

 

ヨガの八支則
ヨガの八支則

 

 

それでは「ヨガの八支則」8つの修行のプロセスを簡単に説明していきます。

 

 

1 ヤマ     日々の中で「してはいけない5つのこと」を学び実践する。

 

2 二ヤマ    毎日の中で「すると良い5つのこと」は、学び、実践する

 

3 アーサナ     さまざまに体を動かしてバランスをとる。

 

4 プラーナ・ヤマ  呼吸を通してプラーナを操作して、エネルギーを浄め、カルマを浄めていく、そのために正しい呼吸法を学ぶ。

 

5 プラティヤハーラ   感覚のコントロールを学ぶ

 

6 ダラーナ   意識の集中、一点に意識を集中させることを学ぶ

 

7 ディヤーナ   深い瞑想を学ぶ

 

8 サマディ   神と一体になる 悟りへの到達

 

 

まず心構えを学び、実践し、体や呼吸などの外側の部分のバランスが取れるように練習します。

 

そして今度は自分の内側に入っていき、瞑想をしていく。

 

悟りへの道を歩み、神と一体になっていくー。

 

 

それが本来のヨガが目指すところなのです。

 

 

ヤマ・ニヤマ 心と体を美しく磨きスーパーマインドにする実践法 。

 

 

 

スーパーマインドとは、偉大な心、神聖な心、慈愛の心、優しい心、強い心、

 

美しい心、囚われのない心、希望の心、純粋な心、ハイクオリティな心、願いが叶う心

 

つまり、あなたの宿命が変わり、

 

自由に生きられるようになる、オールマイティな心。

 

 

 

 

 

ヤマ・ニヤマは「ヨガの八支則」という本当の自分へと導かれるプロセスの1番目・2番目。

ヤマ・ニヤマ ヨガの八支則の1、2番目
ヤマ・ニヤマ ヨガの八支則

実践することで、運命が改善し、あなたのもとに、すべての幸運がやってきます!

  

人生がよりよいものになるか、そうでないのかは、あなたの一瞬一瞬の行為にかかっています。

 

社会生活をする人間として、人の中でいかに生きるかは、とても大切なこと。

 

ヤマ・ニヤマは、あなたの中の愛を育み、奪い合う生き方から、歓びに満ちた生き方へ。

 

人生を美しくし、幸せをもたらします。 

 

世界でたった2人のシッダーマスターが初めてつづる ヨガの基本にして究極。

 

ヤマ・ニヤマは、あなたの心と体を輝かせていく生き方。

 

あなたの生き方が、美しい人生、美しい社会をつくっていきます。

  

いま、あなたの新しい人生の扉が開かれていきます。

 

「ヤマ」「ニヤマ」って何でしょう?

 

PART1  5つの「ヤマ」の教え

 

その1 アヒンサー 非暴力

 

    すべてのものを慈しみ、誰も、何も、自分も傷つけない

 

その2 サティヤ 嘘をつかない/誠実

 

    本当の自分に守られていることを知ること

 

その3 アスティヤ 不盗

 

    欲望から、無知から、盗むことを止める

 

その4 ブラフマチャリヤ 不過度/禁欲

 

     何ごともやり過ぎない、溺れない

 

その5 アパリグラハ 不貧

 

    「もっともっと」とむさぼらない

 

 

PART2  5つの「ニヤマ」の教え

 

その1 シャウチャ 清浄

 

    体も心も清らかに保ち純粋になっていく

 

その2 サントーシャ 知足

 

    すでに満たされていることに気づく

 

その3 タパス 苦行/鍛錬/精神統一

 

    目の前のことから逃げずに粛々と行い続ける

 

その4 スヴァディアーヤ 学習/自己の探求

 

    本当の自分とは何か探っていく

 

その5 イシュワラ・プラニダーナ 降伏する

 

    すべてを信じ、ゆだね、お任せする

 

終章 六道輪廻転生にかかわる行為の気づき

 

あとがき

 

 本書目次より